スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカへ帰る

アメリカに発つ
妹が作ってくれたお弁当を持って 飛行機に乗る 
もうユナイテッドのご飯は飽きたし あの味つけもいやだー

お腹は張るけど食欲はある
朝からたくさん食べる  皿うどんがおいしい
飛行機はしんどかった
寝れない  ちょっとエアシック  
気分的なものか
つわりの始まりかーー
スポンサーサイト

お葬式と妊婦

朝からだんなの叔父の葬儀   

妊娠判明後3日目
そういえば先週末から便秘がひどかった

お腹もガスでパンパン  食欲はないが、ものがあれば結構がつついて食べてしまう  量も食べる
生理前のようだとおもう

腰を冷やさないようにカイロをはる
火葬場にいって、そこからおばさんちで初七日、そのあと仕上げの食事
帰りは10時を回る
とても疲れた  ここ二日は熟睡している  良く寝れる  8時間寝ても眠い
でも気が張っていたとおもう

うちの祖母から、お葬式に妊婦さんが行くときは、魔がよらないように懐剣しないといけないんやで
と言われる

今さら言う~~!?  終わってから言わんといてよー  とおばあちゃんにおこってみたもんの、
「いや先方さん(うちの旦那の家)がご存じないのに余計なこと言うたらあかんと思うて。。。。」最近やや
おとぼけぎみのおばあちゃん
でも懐剣やし隠し持つんちがうんーー??って思ってしまった
何となく気持ち悪いかも....



妊娠陽性  その翌日

「夢やと思った」というだんなにもう一度報告したら喜んでた
喪服を買いに行かなきゃ行けないけど、近くの病院に行って診察した

待つこと2時間半  エコーで子宮内着床を確認  2mmの胎嚢を確認
は?? 2mm??   小指の先もないのーーー!?

推定4週半  
最終月経9月19日
高温期10月17日予想   高温期に入ってからは19日目


喪服を買ってお通夜に行く   人の出入りと気遣いで疲れた

theme : ちょっとした幸せ♪
genre : 恋愛

マタニティ日記の始まり  陽性反応

急遽、日本に帰ってだんなのおじさんの看病について3日目
逝去された  だんなと共にその時を看取った.....     

緊張の糸が切れて、悲しみと浸かれとが押し寄せてなかなか寝付けず、ビールとワインを一杯づつ飲む  
そのあとのおしっこで測ってみたら妊娠陽性だった
寝ぼけるだんなに報告したが寝ていた

翌朝だんなは「派なっ血が妊娠する夢を見た」という
私は寝ぼけて「ほんまやで」とわらった   

ああ、もう今日から酒が飲めない  きのうもっと飲んどくんだったーー

でもでもーーー

3月の流産から半年
計画的休憩を終えて、高温期にトライすること二回目での受精成功!!
思ったより早い妊娠成立に、だんなも家族も喜んで祝福してくれた

theme : ちょっとした幸せ♪
genre : 恋愛

デスバレー  38ドルのホテル!

またひと月半もブログをあけてしまったー  誰も読んでないからいいだろう

さて、やっぱりもちろん毎日いろんなことがあるわけだが、こうもあくと忘れてしまうので、10月後半に妹が日本から遊びに来たときに行った、デスバレーとべガスへのドライブ旅行について...

なんといってもベイエリアから10時間かかるので、3人いると(旦那 妹 私)ラクである  二人とは全然違う
でも逆に言えば二人なら絶対飛行機でべガスへ行って、そっからレンタカーでデスバレーをめぐるべきである

しかし!! 週末のべガスの宿泊代はとても高い  平日になると、価格破壊のように半額になるくせに、金土はめっちゃめちゃ高い
今回の旅行は旦那の仕事を金曜、月曜を休むとして3泊が限界...   
そこで、デスバレーに金曜日に泊まって一泊安く済ませたあと、高い土曜日と安い日曜日にべガスで泊まろうと計画した訳である  
家から車で出発すると、道順的にもデスバレーが先なのでこれでよし!!

しかしデスバレーもこの時期はハイシーズン 
デスバレーは6~9月は40-50度になるため、ガソリンやオーバーヒートや水の問題がつきない
そして冬はマイナスを越えるためめっちゃ寒い  だから春と秋はベストシーズン
私たちが行った10月後半でも昼間は30度で、かなりの灼熱であった

でもでもーー  めっちゃきれい!!  汚れた心が癒されるー
  
塩の道
大自然に囲まれる喜びは知っていたと思っていたけど、今まででいちばん!!というくらい、自然に囲まれた気分であった...

塩の塊   
デスバレーはもとは海の底....  だから 塩の道があって、塩の荒野が広がっている

夕焼けデスバレー

おお美しいーー

そして、今夜の宿へ....
実は国立公園内でホテルを取りたかったが、かなりの割高!!  きちゃないロッジですら200ドル近くする
これはまいった  そかも満室  半月前ではすでに遅かった
高級ホテルのファーネスクリークインはあいてるものの、350ドルもする!  べガスではないか!?

で、あきらめた私たちは、旅行前にいろいろ検索し、公園すぐ外のホテル、longstreet innを予約することに...
しかしここ、メールも予約フォームもない   だいじょうぶ??  で、電話したところ、金曜なのに、38ドルと言うではないか!!  38ドル?? 三人一部屋よ?  エキストラベッドもつけてくれるの??

もうどきどきである  電話で「38ドル」と告げられたとき、「考えてあとで電話する」と言ったくらいだ
でも、結局ほかに選択肢がなく、ここに決定

心癒された眺めのあとに、どきどきしながらホテルに行った...

ホテルに入るとーーー そこはネバダ!!
longstreet hotel

そう公園の東西でカリフォルニアとネバダに別れる
ネバダは言わずと知れたカジノのメッカ
ちいちゃいながらもカジノがそろってる

どうなるんかと思ったけど、部屋は普通にきれいで、清潔にしてあった
しかも38ドル!! 一人13ドル!!  ここは隠れたおすすめである

夜はこのカジノの横のフロアが地元民のカラオケ大会となっていた
おじいちゃんおばあちゃんだけでなく、若者のも混ざって大カラオケ大会!!
横でそれを眺めながら、レストランおすすめのステーキディナー8.99ドル
に舌鼓を打つのであった...  いやこれが、あとでべガスで食べた50ドルのステーキよりうまいうまい   ステーキにベイクドポテト、サラダに自家製アップルパイまでついて8ドル99セント!!
もう、あのホテルの宣伝係になろうかしらと思うくらい、いいところであった  
たまにはいいことあるもんだlongstreet inn
いや、まじでおすすめですよー^^

theme : アメリカ合衆国
genre : 海外情報

06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

はなっち

Author:はなっち
カリフォルニアに2008年10月に移住しました
日本では勤務医として激務と独身を楽しんでいましたが、アメリカではのんびり先の見えない二人暮らし  自分再発見を模索中です・・・・  
いろんなメッセージお待ちしてます

月別アーカイブ
カテゴリ
アメリカに来て
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。