スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠疑似体験だったとおもうことにします

結局一回目掻爬のオペをして、翌週、二回目のオペの予定でしたが、一回目の組織が悪性ではなかったので、ケモもリオペも必要ありませんでした。。。

そう、アメリカへの帰国前々日に開業医で思いがけずくだされた診断は「妊娠おめでとう!」、と、五分後にしたエコーで「すぐにオペしなければ。。。。。奇胎です  もしかして侵入奇胎かもしれないから、一日でも早く手術をしなくては!」でした
同業者ののよしみもあって、先生はすぐに大きい関連病院へ電話してくださって、救急外来に行きました
救急では何も出来ないけど、オペの準備に必要なレントゲンやら採血を緊急措置でしてもらいました

3日後、渡米予定日だった翌日に全麻で掻爬をしました
大出血かもしれないから全麻でとのことでした
緊急なので、夕方からのオペでしたがすぐ終わりました
私はその夜自宅に帰りました
全麻で日帰りしたせいか、翌日からはいつもよりひどい時差ぼけのようでした

胞状奇胎だと一周間後に再掻爬なのですが、翌週の二回目のオペの前々日に主治医から電話があり、病理の結果が流産なのでオペはしないとのことでした
結局、当初、胞状奇胎の侵入奇胎疑いだったのですが、組織の結果は、ただの、とは言いたくないけど、ただの流産だったのでした
ひとまずは安心。。。
術後も出血は2週間ありましたが、やっとだるさもとれました
もう、すっかり回復して、だらだらしてるし、予定外の滞在で仕事もないから、早くアメリカに帰りたいのですが、
パスポートがなくて帰れません。。。。
というのも、こないだ帰るべきときが、確定申告の期限で、扶養家族になった私は、だんなと一緒にアメリカに居ないといけなかったのですが、オペで帰れなくなったので、身代わりと言うか、本人証明にパスポートを預かられてしまいました。。。(涙)
いつパスポートが戻ってくるかわかりません

仕事もひとつき半後に入ってるし、そのタイミングも考えると、今回の滞在は少し長くなりそうです
が、6月には一度帰りたいなあと思ってます
パスポートよ、はよ戻ってきてくれ~~

でも今回のこの体験でおもしろかったことがひとつ。。。
もともと妊娠にすら気づいてなかったわたし。。。オペの後、もう、受精卵も子宮内膜も綺麗に亡くなってるにもかかわらず、オペの後数日してから、吐き気やら、胸の張りやら、異常な食欲と偏食を数日間経験しました
おかしいなあ~~と思いつつも、生理前でもこんなにでかくはならん!というくらいでかくなった胸を一人でおもしろがって見てました
食欲とともに、体重も増えて、むくみもあり、おかしなオペ後妊娠体験でした

スポンサーサイト

theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

comment

管理者にだけ表示を許可する

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

はなっち

Author:はなっち
カリフォルニアに2008年10月に移住しました
日本では勤務医として激務と独身を楽しんでいましたが、アメリカではのんびり先の見えない二人暮らし  自分再発見を模索中です・・・・  
いろんなメッセージお待ちしてます

月別アーカイブ
カテゴリ
アメリカに来て
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。